人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する

【 人生を楽しむ 】ための自分に勝つ10のコツ

【 人生を楽しむ 】ための自分に勝つ10のコツ

自分らしく人生を楽しむのは簡単なようでいてそうでもない。

目指すものとかけ離れた日常もあるかもしれないし、目標さえ曖昧になってしまう

こともありますよね。

「心の底から人生を楽しめるにはどうすればいいのか」

この問題に答えはあるのだろうか

 

 

1.

達成する力

目標を達成するには強盛な決意、懸命な計画、果敢な行動力が鉄則だ。

絶対に達成できると決める。

目的地が決まれば道順を作り前進あるのみ!

あまり前のことを当たり前に続けることを習慣にする。

そして果敢な行動力を発揮しよう!

 

 

2.

10年後の自分

その自分を明確にイメージできている人は少ない。

実感しているのは、ある程度は夢に描いたように人生は動いていくということ。

もし、明確にイメージして腹が決まれば怖いものはない。

突き進むだけ!だから今の自分が未来の自分。

 

 

3.

行き当たりばったりで行き止まり

30年前にヨーロッパを70日ほど一人旅したことがある。

地図も持たず

電車の時刻表だけの旅。

それはそれで楽しい思い出だが、

人生はそうはいかない。

人間には達成欲求があると思うし、

目標を決めてそれに突き進む、それ自体が人生だと思う。

人生は思ったより短くて

早いものだから、

行き当たりばったりは

おすすめできない。

 

4.

自己を制覇する

人生において、何かを成し遂げようとするとき、いろんな場面で、誰もが自分と戦っている。

自分との闘いを放棄したものは、何も成し遂げられない。

もちろん完璧な人間などいないと思う。

どこまでやれるか挑戦し続け、記録更新の人生でありたい。

 

 

5.

自分を追い込む

締め切り直前でアイデアが浮かぶ。

本番が最高とかいう人はぎりぎりまで自分を追い込む。

といい結果を生むことがある。

リスクもは高いが、成功すると自信が持てる。

ただ日ごろ何も考えない、行動していない者にヒラメキやあるわけがない。

 

 

6.

望みは大きく持て

望みは大きい方が良いと思う。

人生で叶えられることはそう多くはない。最初から小さな望みでは、それさえ叶えられない。

望みの分だけしか、努力しかしないからだ。

大きな望みを叶えるにはそれ相応の努力か必要になる。

だから、叶えられることも多くなる。

 

 

 

7.

依存し過ぎない

他人に依存しない生き方を習慣にしたい。

基本は自分の足で立つ。

できれば周りを巻き込んでいく。

それに必要なのは情熱と力。

周りを気にし過ぎるのも良くない。

どう見られてるか、

どう思われてるか気にしているのは、

やはり依存しているからだと思う。

 

8.

周りを輝かす

自分が輝けば、まわりを照らせる。

そして輝かせる。周りが輝けば自分も照らされる。

結局自分が成功したいとか、幸福になりたいなら、周りも一緒に成功させることだ。

あなたが良ければ、というのは偽善。

自分だけというのは利己主義。

お互いに一緒に輝くことだと思う。

 

 

9.

前へ前へ進む

誰もが逃げ出したくなる時がある。

でも逃げたら後悔がのこるだけ。

勝負をきっちりつける。

負けてもいい、そこからまた始めればいいだけ、立ち止まって休む。

2.3歩さがって立て直す。

自分は騙せない、負けても逃げない。

 

 

10.

圧倒的な努力

生き方は人それぞれで自分のペースで良いと思う。

他人に合わせようとしても疲れるだけ。

それを踏まえて、自分の理想お追いかけて目標達成するまでは、

他者から追従を許さないほどの圧倒的な努力をしたい。

努力は必ず何かしらをもたらすものだから!

 

関連記事

【 人生を楽しむ 】8つのコツとは、3つの条件とは~人生は思ったより短い~ 人生を楽しむ3つの条件とは   創造力がなければ道は見えない 行動力がなければ道は造れない 忍耐力がなければ道は拓けない   […]

 

スポンサードリンク