人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

【今日から歌人】良き友人を得ることは、人生そのものだ。

【誰もが歌人】良き友人を得ることは、人生そのものだ。

 

人生には思いも寄らぬことが起こるものだ。人生の目的は自分自身を完成させること。

それには良き友人や家族が必要だ。

人生の荒波を生き抜く!そこに不可欠なものだ。

 

183~194

 

183.

さやさやと落ちゆく雪の積もるよう

我知らずうち身動きとれず

| 長野県の山里に住んでいた時に、一夜あけると真っ白の世界を見た時の感動は忘れられない。

 

184.

寿ぎの年の初めに幸祈り

福運満ちて初春はきぬ

| 年の過ぎるのは早いものだ。思いも寄らぬ状況に困惑しながらも前に進むしかない。今年こそ頑張る!

 

185.

かたときも逃れられず鳶色の

瞳うるわし年重ねても

| 思い出はいつも美しくもあり、忘れたくもあり。

 

186.

淡々とこの世にありて夢の咲

不思議な君の道は深くて

| 人には、希望と責任と使命がある。この三つが人生を織りなすものだと思う。

 

187.

音の無い寂しさにふっと現れて

言葉を探すぶらいんどたっち

| パソコンの前に座りながら、カシャカシャと言葉を打つ。静けさの中で寂しさが現れることがある。

 

188.

追い打ちに潰れそうな日誰か知る

逃げ道さがす冬の大空

| コロナ禍は人生からの挑戦だなのだ。潔く応戦するしかない。人生をかけて…..

 

189.

幕開けは波乱に満ちて己が道

探す間などなく動き出してる

| 人生は波乱万丈なのだ。それこそ誉の人生を送れるから。

 

190.

冬枯れに花が咲くのを君と待つ

忍に易き春は遠からじ

| 冬は必ず春となる。厳しい冬もかならず春となるから希望を失うことはない

 

191.

巡り来て見上げる空に梅白く

凛とたたずむ幸に薫れと

| 梅の花の凛としてたたずむ強さ、品格ただよう人間なりたい

 

192.

とめどなくあふれる日々を忘れまじ

さやさや揺れて今ごろ何処に

| 過ぎ行く今は過去ではなくて、未来が過ぎていく。今、何をするのかが人生を決める。

 

193.

凛としてうらうらと咲く梅の花

わが身ながるる長き短し

| 梅の花が咲く。万葉集に最も多くあるように梅の花は不思議な力を感じる。

 

194.

春うらら良き友人と交わりて

豊かな時の流れに任す

| 良き友人、家族を得ることは、人生のすべてだ。

 

スポンサードリンク