人生は楽しむ為にある。自分自身の満足いく生き方を目指して....人生は思ったより短いから!

【衆議院】解散総選挙はなぜ行うのか、任期満了まで待てない?

衆議院解散総選挙は政権の存続を国民に問うこと

現自民総裁の任期満了は2024年9月で、衆院議員の任期満了は25年10月ですが、
今秋には解散総選挙の可能性がありそうです。
何故”任期満了まで待たないのかって”思っている方も多いのではないでしょうか?
Aseyan
政治ってなかなか興味がもてないですよね。でも、実際の生活に関わっているのは確かですから、知識を身につけるのも大事なことだと思います。

解散総選挙とは

解散総選挙とは、衆議院が解散された後に行われる衆議院議員総選挙の総称です。
衆議院が解散されると、40日以内に選挙が行われます。
この選挙のことを「総選挙」といいます。
選挙が終わった後、30日以内に国会を招集して総理大臣を決めなくてはなりません。

衆議院解散とは

衆議院解散とは、衆議院議員が任期満了前に議員としての地位を失うことです。
衆議院議員の任期は4年で、定数は465人です。
現行憲法下で、任期満了に伴う衆院選は1976年の三木武夫内閣での1度のみで、残りは全て解散によるものです。
衆議院の解散は、憲法第7条と第69条で定められています。
  • 第7条:内閣の助言と承認により、天皇の国事行為として行う
  • 第69条:衆議院で内閣不信任決議案が可決された場合に、10日以内に衆議院を解散するか、内閣総辞職をしなければならない
衆議院の解散を決定する権限は、天皇の国事に関する行為について助言と承認を行う職務を有する内閣にあります。
憲法上、内閣が衆議院を解散することについて制約する規定はありません。
衆議院が解散されると、内閣は総辞職し、両議院において内閣総理大臣の指名が行われます
事実上、解散を宣言できるのは「内閣総理大臣」です。

何故、任期満了まで待たないのか

選挙に勝つためです。衆議院は4年に一度、必ず選挙をしなくてはなりませんが、

そのタイミングで勝てるかは分かりません。

なので勝てそうなタイミングを計って解散をするわけです。

Aseyan
支持率が高い時とかですね!
または、政策の可否をめぐって、国民の意志を確認するために解散するということもあります。
最近でいえば、小泉元首相の「郵政民営化」の時ですね!

 

最新情報をチェックしよう!