人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

【 東野圭吾 】原作の映画とりあえず観たいおすすめ7選

【 東野圭吾 】原作の映画~とりあえず観たいおすすめ7選!

東野圭吾原作の作品。U-Nextで観れる作品をご紹介します。

映画を先に観るか、本を読んでから映画を観るかは好みだと思いますが…..

 

マスカレードホテル 2018年

 
 
 
都内で起こった3件の殺人事件。全ての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課の新田浩介はホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突き止め、警察は潜入捜査を決断するが…。
東野圭吾原作、誰が宿泊客で誰が犯人なのか!?究極のだましあいから目が離せなくなる。さまざまな職業を演じてきた木村拓哉が初の刑事役に挑み、長澤まさみと初共演。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。
木村拓哉と長澤まさみ初共演の嬉しい映画です。

ナミヤ雑貨店の奇跡 2017年

 
2012年のある夜、今は空き家でだれも寄り付かないはずのナミヤ雑貨店のシャッターに突如1通の手紙が落とされた。それは1980年からの悩み相談。偶然にもその夜、店にはある理由で女性起業家を襲った敦也・翔太・幸平の3人組が忍び込んでいて…。
東野圭吾の人気小説を、山田涼介と西田敏行の共演で実写映画化。名匠・廣木隆一監督が時空を超えるというファンタジックな要素を含んだ物語をリアルに描き切っている。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

U-NEXTは31日間無料動画お試しがあります。


天空の蜂 2015年

 
1995年、自衛隊の巨大ヘリがジャックされ、原子力発電所「新陽」の真上で静止する。そんななか、「天空の蜂」と名乗る犯人は、政府に日本全土の原発の破棄を要求し、さもなくばヘリを墜落させると脅迫。ヘリと新陽の開発者は、協力して事態打開に挑むが…。
映像化不可能と言われた東野圭吾の小説を、「トリック」などのヒットメーカー・堤幸彦監督が映画化。豪華キャスト、スケール感あふれる映像、スリリングな展開が見もの。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

U-NEXTは31日間無料動画お試しがあります。


真夏の方程式 2013年

 
環境保護か資源開発かで揺れる海辺の町・玻璃ヶ浦にやって来た湯川。彼の目的は、物理学者として開発説明会のアドバイザーを務めることであった。そんな中、湯川と同じ旅館に泊まっていた男性客が行方不明となり、その翌朝に死体で発見される。
福山雅治演じる湯川学が、美しい海辺の町で事件に遭遇。苦手なはずの少年との交流を通じてその真相に迫っていく。柴咲コウから交代した新相棒・吉高由里子も登場。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

U-NEXTは31日間無料動画お試しがあります。


新参者 祈りの幕が下りる時 2017年

 
 
 
東京都日本橋のアパートで女性の絞殺死体が発見される。やがて捜査線上に美しき舞台演出家・浅居博美が浮上。捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。それを知った加賀恭一郎は激しく動揺し…。
2010年に連続ドラマとして開始した東野圭吾原作の本シリーズ。事件の裏に隠された人の心の謎を解く、という要素が大きな話題に。重厚かつ緻密な演出で新風を吹かせる。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

新参者眠りの森 2014年

 
 
阿部寛主演。東野圭吾原作「眠りの森」は、加賀恭一郎の人格形成とその背景を描いた作品として、発行部数100万部を超える人気作。いつも冷静で硬派な刑事・加賀が才能あるバレリーナに魅了される…。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

白夜行 2010年

 
昭和55年、ある廃屋で質屋店主が殺害される。事件は容疑者死亡で一応解決するが、被害者の息子と容疑者の娘・雪穂の様子が引っ掛かった刑事の笹垣は、単独で捜査を継続。その後、雪穂は美しく成長するが、なぜか彼女の周りで不可解な事件が次々と起き…。
テレビドラマでも好評を博した東野圭吾の同名小説を映画化。悪女役初挑戦となる人気女優・堀北真希が、背中のみだが、美しい裸体を劇中で披露したことも話題となった。
出典:U-Next
※画像はAmazonにリンクしています。

 


 

関連記事

【一人で泣きたい時】映画7選~誰だって涙に浸りたい時がある 思い切り泣いてみる。大声を上げてみる。誰だって経験があるはず。 泣くことで何かを少しでも流して楽な気分になるなら たまには思いきり泣いてみよう!    […]

スポンサードリンク