人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

感じる映画『恋妻家宮本』~思いは言葉にしなければ、いつまでたっても届かない~

「ジャンル」ドラマ

「主演」阿部寛 天海祐希

ストーリー

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、大学を卒業してすぐに結婚。そして、ごく平穏な結婚生活を経て、子供が独立していった。二人暮らしにもどり少し困惑していた。ある日陽平は、美代子の署名入りの離婚届を見つけてしまう。
彼女は離婚を考えているのか?


「心は言葉にしなければ届かない」

長年一緒に暮らしていても、伝わっていないことがある、勘違いしてそのまま放置していることがあったりする。

ちょっとしたずれが、大事になることもある。

例えば、こんな詩。

うちの父は 『ジャガ芋のお味噌汁が好き』
母は せっせと つくり続けて 何十年。
ある朝 父の 「父さん…ジャガ芋の味噌汁 苦手だな。」 ぼそっと云った一言に爆笑 する。
おと―さんが 黙って食べてるから おか―さん 好きなんだと思って せっせこ 作くちゃってたでしょうよ。
三十年連れ添って これ。金澤詩人15号より引用

夫婦も日々対話をしていなくては、知らないことだらけなのかも知れない。

 

関連記事

【 恋する映画 】おすすめ5選、恋する気持ちは歳を重ねても同じ 恋は不思議なものだ。 恋する気持ちは歳を重ねても同じなのだろうと思う。 幸せ気持ちに包まれていかと思うと、少しの事で悩んだり苦しんだりと忙しい。 病にかかり[…]

 

スポンサードリンク