人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

感じる映画『恋愛小説家』~恋はいつもそこにあって、ふいにときめき始める~

マンハッタン

『恋愛小説家』1997年 米国

~恋はいつもそこにあって、ふいにときめき始める~

「ジャンル」 ドラマ・ラブロマンス

「主演」ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレック・キニア

ストーリー

マンハッタンに暮らす恋愛小説家のメルヴィンは超がつく自己中である。それに極度の潔癖症で有名。人ごみの中でも「触るな」とわめき散らして歩きながら、ブロックのヘリを踏まずに歩く。行きつけのレストランでも横暴で、好意を抱いているウェイトレスのキャロルにだけは素直になる。ある日、隣りに住むゲイカップルのサイモンが少年たちに襲われ、飼っている犬を預かることになってしまう。その後、キャロルと交流をもつようになる。サイモンが借金から破産。両親に金を借りに行くことになるが、メルヴィンとキャロルも同行することに。あることでキャロルを怒らせてしまうが、すでに惹かれあっていた。サイモンに「恥をかいてもいい、捨て身でぶつかれ」と押し出されて、キャロルに会いに行く

☆アカデミー主演男優賞と主演女優賞

画像はAmazonにリンクしています。 

大人の恋。

男性は恋愛小説家としては一流の売れっ子なのだが、自分の事となると性格が災いして上手くいかない。

女性の方は持病がある子持ちのシングルマザーで、人生に疲れぎみだが一所懸命に生きている。

お互いに理解しあうには隔たりが大きいが、一緒に旅することで縮まっていく。

人は年老いても恋愛をする。

恋はいつもそこにあって、思い出したようにときめき始める

関連記事

【 ハチャメチャな恋 】人生を変える恋は何処かにひそんでいるもの 恋は一筋縄でいかないことも多いのが現実ですよね。 紹介する映画は参考にはならないかもしれないですが..... 楽しめます。 ステイフレンズ 2011年 米国   […]

 

スポンサードリンク