人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

感じる映画「プライドと偏見」~人生の選択、判断を間違ってしまっては悔いを残す~

プライドと偏見 2005年

「ジャンル」ドラマ・ラブロマンス

「出演」キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン

「ストーリー」

18世紀末のイギリスの田舎町。そこに暮らす五人姉妹。女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら娘たちは路頭に迷ってしまうと、母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。近所に大富豪の青年が引っ越して来る。舞踏会の夜、美人の長女はその青年からダンスを申し込まれる。しかし青年の親友ダーシー(マシュー・マクファディン)は、娘たちに関心を示すどころか見下し、次女エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は彼の口から侮辱の言葉を聞いてしまう。

人間に必要のないもの中に”余計なプライド”と”偏見”がある。
人生を曇らせるからだ。
素直な人は物事を純粋に受け止められるので、
幸せも感じやすいと思う。
偏見は最悪だろう。
と思うが人の心には偏見が付きまとうのも事実。
人間的な真の余裕、偉大さがなければ難しいのかもしれないが、理性の範囲だけでも偏見を
抑え込みたい。
大切な選択、判断を間違って人生に悔いを残したくない!
 
 
 
スポンサードリンク