人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

【 読者は目から入る栄養 】万巻の書を読み千里の道をゆく

読書

【 読者は目から入る栄養 】万巻の書を読み千里の道をゆく

読書1000文字切り抜きノート2

ランダムにノートに書き写した記録です。少しでも心に響く言葉があれば嬉しいです。

 

・立場ではない責任感さえあれば智慧がいくらでもわく

・限りある人生。どうせ生きるならば「あの人の生きたように!」と後世の人に希望と勇気を送り人生でありたい(革命指導者)

・男性は紳士らしく礼儀正しく丁寧な言葉で女性に接していくべきである

・戦いは一人では勝てない。衆知を集め心を一つにして、事に当らなければ、インチキで邪悪な人間たちを打ち砕くことはできない。その体制を具体的に整えることだ。(三国志

・使っている鉄は輝き使わない鉄は錆びつく(トルコの諺)

・平和な国家を作り出す根本は、ただ立派な人材を得ることにある(貞観政要)

・誠意をつくせば遠く隔った人も親密な体となり、傲慢になれば肉親さえも他人となる。

世界を制覇せんと欲するものは先ず自らの悲哀を制覇せよ

ドストエフスキー 作家

 

勝利する軍は、まず勝利を確定しておいてから、その勝利を予定通り実現しようと戦闘するが、敗北する軍は、まず戦闘を開始してからその後で勝利を追い進めるのである。

( 孫子 )

 

自身を磨け、人間の心は鍛えなければならない。それを避けると高潔な思想も、真理の理解も英知の精神もすぐさま高貴な素性と相いれない。卑劣なものに染まってしまう

(スコボォロダ、ウクライナの哲学者)

 

何人たりとも訓練なくして有徳であることはできない

カント 哲学者

 

お前に起こるあらゆる問題を過つことなく見事に解決するという固い意志と信念を常に保持せよということじゃ

(セルバンテス 作家 )

 

 

我らには生活の中心が必要である(三太郎日記)

( 阿部次郎 )

 

自惚れというものは、人間の体の脂肪のように知らないうちに次第に増えていくものであって、それに取りつかれた人は毎日これが増えていくのを自覚していない

(ネルー インド初代首相)

 

名声というものは多くの人が欲しがって海にもぐり、ほんの少しの人しか得られない真珠のようなものです。それを手に入れると今度はもっともっと望むようになって

それを獲得するためにあくせくしてもっと大事なものを失うようになってきます  (若草物語

大忙しの生活、講演や本、良い人々からできるかぎり学ぶ、人生は私の大学、立派に卒業して優等賞をもらえますように  (若草物語)

人間にとって本来の務めは精神的な完成の中にある(トルストイ

大きな楽しみは古くからの確かな友情を続けることのみならず、新しい友情を開拓して築き上げることからも得られる   セネカ

良き交友ほど優れた味方はない、悪しき交友ほど不幸をもたらすものはない(ティルバァッルヴァル・インド詩人)

 

ノート3



関連記事

このブログは「自分らしさ」が一つのテーマになっている。 そもそも自分らしさって何?ということがある 「自分らしさ」は「ありのままの自分」が私の基本姿勢だ。 桜は桜で梅は梅なのだから、変われないし変わる必要がないと思う。 […]

コンビニ

 

スポンサードリンク