人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

「ファクトフルネス」思い込みの罠から抜け出す

「ファクトフルネス」思い込みの罠から抜け出す

 

2001年から2008年までマレーシアに滞在していました。

発展途上国といわれているこの国での生活は快適で、日本からの永住者も

多くいます。

ひと昔前の知識のままでいると、事実を見誤ってしまいます。

ということを教えてくれるのが「ファクトフルネス」です。

それが、知識人といわれる層の人たちでさえ正しい認識ができていないのは

10の本能の思い込みであると述べています。

【 10の思い込み 】

 

分断本能

| 世界は分断されている

ネガティブ本能

| 世界はどんどん悪くなっている

直線本能

| 世界の人口はひたすら増え続ける

恐怖本能

| 危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう

過大視本能

| 目の前の数字がいちばん重要だ

パターン本能

| ひとつの例がすべてにあてはまる

宿命本能

| すべてはあらかかじめ決まっている

単純化本能

| 世界はひとつの切り口で理解できる

犯人捜し本能

| 誰かを責めれば物事は解決する

焦り本能

| いますぐ手を打たないと大変なことになる



 

 

本書冒頭で13のクイズが掲載されています。

著者は世界の知識人をはじめ多くの高学歴で国際問題に興味がある人たちに、

数百個の以上の質問をしてきて、まともに正解できる人はほとんどいなかったと述べています。

 

何も知らないというより、みんなが同じ勘違いをしていると

言った方が近いかも知れない

 

著者はその勘違いは、人間の本能からきていると結論しています。

それが10の思い込みです。

その思い込みがドラマテックなすぎる世界の見方につながるとして、警鐘を鳴らしているのです。

人生においても、本能が邪魔をすることは多々おこります。

10の思い込みは、自分の考え方や生き方の選択に迫られたとき、

思いかえしてみるといいかも知れません。


関連記事

【 読書は目から入る栄養 】作者との対話するように読む読書は武器になる! 読書1000文字切り抜きノート1 ランダムにノートに書き写した記録です。少しでも心に響く言葉があれば嬉しいです。   ・責任ある立場に立[…]

スポンサードリンク