人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

【読書】『モンテクリスト伯』~時を待ち、時を作る、忍耐、希望~

モンテクリスト伯1~7巻

「著者」アレクサンドル デュマ

あらすじ

素朴な船乗りのエドモン・ダンテスはある日突然「ナポレオン派のスパイ」として逮捕される。ダンテスに嫉妬した仲間の陰謀、権力者らの保身のために無実の罪を着せられてしまった。そして、孤島の独房に14年間に閉じ込められてしまう。ダンテスは結婚を目の前にしていた恋人とも引きさかれた。一人残った老いた父は孤独と絶望のうちに飢え死にしてします。孤島の地下牢の闇で苦しみ、のたうちまわる。そこで、万般の学問を究めた人生の師匠にであう。一筋の光がさした。師によって、一流の教養人にそて強靭な闘志に薫陶された。師亡き後、脱獄を果たしたダンテスは、鍛えぬいた知力と、忍耐力、意志力をもって悪へと立ち向かっていく

人間の妬み、魔性ほど怖いものはない

原作は実際にあった残酷な復讐劇をモデルにしている。

「巌窟王」の題名で知っている人も多いと思う。

この物語は単なる復讐劇ではない。その根底に、権力者の不正に対する民衆の怒りがある。善と悪と闘いがある。

社会的正義の理想がある。

現代の我々には程遠いように思われるが、権力者の傲慢や悪の原理は一緒ではないだろうか

逮捕後も必死にダンテスをかばった船主一家への恩返しである。

忍耐力、緻密な計画、行動力、勇気、名言など人生に勇気を与えてくれる作品です。

スポンサードリンク