人生を3倍楽しむ ~人生は楽しむ為にある~真っ白なページを開くように自分に挑戦する。”まぐろ”は泳ぎ続けないと生きていけないように、人生を走り続けたいですよね。

読書『夢を追い続けたシュリーマン』~読書は自分らしさを見つめる最高の時間

夢を追い続けたシュリーマン

「古代への情熱」で知られる考古学者のハインリッヒ・シュリーマン「少年時代の夢を絶対に実現しよう」と類まれな決意の人だった。

トルコの「トロイの遺跡」の発見をはじめ、様々な発見で知られる。

世界的に有名な彼の偉業は、歴史を大きく塗り変えたとも言われている。

シュリーマンが八歳の時に「トロイ戦争」の物語にあこがれ、遺跡の発掘を誓ったされる。

貧困に苦しんだシュリーマンは高校も行けず、働きながら独学でまず英語を習得した。自ら編み出した語学習得法で、フランス語、スペイン語など十数か国語をマスターした。

「18か国語をマスターした語学習得法」

  1. 非常に多読する
  2. 翻訳しない
  3. 作文を書く
  4. 作文を先生に見てもらい訂正する
  5. 作文を暗記し多く音読する
  6. 必ず毎日一時間は学習する

このような方法で短期間で語学をマスターしていった。

努力の人

40歳を過ぎたころから発掘作業をはじめ、「トロイ文明」や「ミケーネ文明」が実在したことを証明したのである。

実は彼は、幕末の日本を訪れている。

そんなに遠い彼方の人物でもないのだ。

シュリーマン旅行記 清国・日本 という本になっている。

彼はもともと商人としてお金得てその財力で、長年の夢だった遺跡の発掘事業を始めた。

彼の夢の達成は世界から賞賛を浴びたが、国内の学者からは”素人学者”と非難を浴びせられた。嫉妬による中傷批判が巻き起こった。

閉鎖的な世界に風穴をあけると嵐が巻き起こるのである。

覚悟の人

シュリーマンは一歩もひかず世界を味方につけて前進したのである。

どういう覚悟で、決意で人生を生きたか?

覚悟のない人間に偉大な事業はなしえない。

シュリーマンは生きている間は、休もうとしなかったそうだ。

「人がどうであろうと、自分の決めた道を進むのだ」

ここに、彼の哲学があった。




スポンサードリンク